廃車にする前に!!

廃車にする前に高く売る買取りを依頼する


自動車を廃車する前にはできれば買取り業者に見積もりを取ってもらって実際に見に来てもらうなどしてその価値がどの程度なのかの目安を知ることも重要です。見積もりの結果特に高く売ることを考えることができる場合には、洗車をはじめとして外見だけでもしっかりとしたメンテナンスを行う必要もあります。

買取り業者は海千山千の経験豊富な担当者の場合が多くあり、いろいろな車種や業者に関係している場合が多いためか様々な問題点を指摘したりしてその値段を下げようとしたり、あるいは廃車したほうがよいと勧めてその自動車の引き取り処理、抹消登録を行うと言いながら、実際には転売したりする業者もいます。

いずれにしろナンバープレートが前のナンバープレートそのままで乗られたりするのは、周囲の目もあったりあるいはなんとなく嫌な気分の場合もあります。このため、いったん抹消登録いわゆる廃車にしてもらってその上で後は好きなように処理をしてほしいと伝達することも重要です。

なお、中古車専門業者の場合は大手にしろ地方の業者にしろ、指名債権譲渡などの書類に署名捺印を求めてきて自動車税に何ら関係ないはずなのにその業者に返還させるように誘導する業者もいます。その書類がどういった意味を持つ書類なのかをその都度業者側に説明させるなどのしっかりとした対応を行うなどの対応が必要です。

重要なことは納得ができない場合にはいったんその手続きを止めて、家族や信頼できる人あるいはインターネットなどで調べてから話を進めるようにすれば、業者の言葉に惑わされる可能性は少なくなると言えます。

廃車にした方がよいと言われた場合でも同様です。廃車にした方がよくてもたとえば下取りに出した場合には一定の値段をつけて引き取ってくれる場合もあります。大手ディーラーやその関係する自動車業者であれば、そういった対応をしてくれる場合もありますから特定の業者だけに話を聞くことは極力避けて、複数社などから見積もりを取るために豪奢に見てもらうなどの対応を依頼してみるのも有効です。

一社だけにすべてを任せるのではなくて、複数社から見積もりを取るなどの対応を考えて行動するようにすれば、比較対象ができますのでそのことを業者に伝えて競争させることによって、値段などの価格交渉ができる場合もあります。即決はできるだけ避けて、複数社から見積もりを取るということを心がけていけば、客観的な判断につながるために有効であるともいえます。