中古車査定りの後…

中古車査定の後に廃車か買取りかを依頼すること


自動車は乗っても乗らなくても維持費がかかります。ガソリンのような燃料はもちろん使っていないので乗っていなくても減ることは考えられませんが、問題は税金です。

毎年4月1日の所有者に課税される自動車税はどうしても課税され続けるので、自動車をどこかでそれも早めに廃車手続きを行うか、あるいは買取りを依頼するかの選択をしなくてはならなくなります。もしこの選択をしなければ自動車税が課税され続けるだけのことです。
もちろん、税金をかけてきたところにいくらその自動車に乗っていないと主張しても、車検などが残っていれば何も証拠はないので、税金の担当者が取り合ってくれることはまずありません。

このように乗っていないから税金をどうにかしてと主張しても、乗っていないのであれば抹消登録をしたほうがよいと勧められるだけなので、税金がかけられるだけその分損をすることになります。

できるだけ早めに自動車買取り業者などに見積もりを依頼して、中古車査定りをしてもらうことでもし買取りをしてくれるのであればその手続きに移行すればよいですし、初年度登録から期間が経過していたりあるいは走行距離、故障の具合などで買取りできないと言われればそこで改めて廃車の手続きを依頼するという流れになります。

廃車手続きには単に解体業者に持って行ってスクラップにしてもらうことを指して言うだけではなく、陸運局での名義の抹消登録のことを本来は廃車手続きと呼んでいますから、この正式な名義の抹消登録をきちんとやってもらえれば、その抹消登録の翌月以降の自動車税は納税する必要がなくなりますので、早めにこの廃車手続きを完了させることが重要となります。

見積もりなどで廃車か買取りかで業者側が悩む場合もあります。
買い取ってひょっとしたら売れるかもしれないと考えれば引き取りたいと考える場合もありますし、狡猾な業者であれば廃車手続きをして前の所有者と完全に縁が切れた状態にした後で、その後中古車新規登録を行って販売をする場合もあります。
ただし、この場合はその中古車が売れなかった場合にはその在庫を抱えることになるのと自動車税をはじめとする維持費がかかりますから、ナンバープレートは付けずに陸運局での登録をしない状態で自社の駐車場などに保管していることもあります。

前の所有者からすればどちらでもその自動車とは縁が切れているので、問題がないと考えていることもありますから、気にするような問題でもないのかもしれません。